紫外線対策ウエアブランド

敏感肌・アトピー・光線過敏症の方にもストレスなくUVケアを!
UVクリームが苦手な方にも!海外リゾートでも大活躍のUV対策
エポカルウェアで「着るだけ」1秒!紫外線対策!
  • エポカルのフェイスブック
  • エポカルのツイッター
  • エポカルのインスタグラム

エポカルとは

はじめてのかたへ、こちらのページをご覧ください!

エポカルメンバーの登録をぜひお願いします!

 

エポカル会員ログインページ

 

 ログイン 会員登録

2020年 02月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
今日
祝日

 


子どもに紫外線対策は必要か?


 

紳士のため、イクダンのための紫外線対策ウエア

 

エポカルとは?

 

 

エポカルのこだわり

 

エポカルのちょっとお安くなったお買い得製品です

 

完売製品

 





 










紫外線Q&A―おひさまと仲良くつき合う方法 紫外線Q&A―おひさまと仲良くつき合う方法
紫外線Q&A―おひさまと仲良くつき合う方法 紫外線Q&A―おひさまと仲良くつき合う方法
拡大画像

紫外線Q&A―おひさまと仲良くつき合う方法

返品不可
販売価格 :1,000 円(税抜)
数量

生産国:日本


  • かごに入れる
  • お気に入りリスト

製品詳細

 
商品名 紫外線Q&A
商品コード 17661
詳細 紫外線Q&A―お日さまと仲良くつき合う方法
著:神戸大学名誉教授 市橋正光先生

 

シミ・シワの原因、皮膚ガン・白内障の原因になるなど、
有害性が明らかになり、問題視されている紫外線について、
皮膚や健康に与える影響の数々をQ&A形式で詳しく説明。

子供ほど紫外線の影響をたくさん受けている

一生に浴びる紫外線量のうち50%は、18歳ぐらいまでに浴びてしまうといわれています。
これまでにお話しましたいくつかの事実から、小児期から無駄な日焼けを避けることが、
若々しく健康な皮膚を維持する秘訣であることがわかります。
つまり赤ちゃんのときより紫外線から皮膚を守ってあげれば、
表皮の角化細胞や色素細胞ではDNAの傷もつきにくいし、
間違って傷が治されることも少ないでしょう。その結果、皮膚にシミも腫瘍もできにくく、
皮膚の老化や皮膚ガンの発生を防ぐことができるのです。
(紫外線Q&A 市橋正光著 p43.44より)

 

HOME > UVカットグッズ > その他UVカットグッズ > 紫外線Q&A―おひさまと仲良くつき合う方法