エポカル UVカットウェア 

着るだけで木陰の快適さ!サイエンスの力で紫外線対策
エポカル製品は、酸化チタン練りこみ素材を使用した特殊素材でUVカット!
光線過敏症、アトピー、やけど、色素性乾皮症、あざ治療など

2024.3CALENDAR

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
TODAY
祝日
土日祝日定休日。水曜日は研修・研究日等につきオフィス不在となります。メールにてお問合せ下さいませ。

2024.4CALENDAR

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
紫外線対策YOUTUB ENGLISHPAGE 日本学校保健会推薦製品 光線過敏症

光線過敏症について

日焼けとは違う!
明らかに肌の異常を感じるなら、光線過敏症(日光アレルギー、紫外線アレルギー)を疑ってみて!



光線過敏症とは、日光アレルギーや、紫外線アレルギー、紫外線過敏症、などとも言われていますが聞いたことはありますか?

日光(日光に含まれる光線の種類にもよる)に当たることが原因となって、よくあるのが皮膚のかゆみや赤み、腫れ、発疹などが生じる病気です。
太陽光によって免疫系が過剰な反応を起こして症状が出ると考えられていることから、「日光アレルギー」「太陽アレルギー」「紫外線アレルギー」とも呼ばれることもあります。

どうして外に出ると?と思っている人は、一度自分のお肌と日焼けに関するタイミングを見て見てください。

お医者様にかかる時は、皮膚科医に。
そして、お天気・日に当たった後、どのくらいの時間で症状が出たか、1番症状のひどい時の写真などをぜひ撮っておいてください。
病気によっては、すぐに引いてしまう時もあります。

日光による皮膚の症状といえば、真っ先に思いつくのが「日焼け」でしょう。紫外線を浴びることで皮膚が赤く炎症を起こしたり黒くなったりする日焼けは、ある程度強い日差しを浴びれば誰にでも生じるものです。

一方、光線過敏症の場合、通常では反応が起きないような紫外線の量でも症状が出ることがあります。また、紫外線だけでなく、日光に含まれる可視光線で症状が出ることもあります。どの程度の日差しを浴びたら皮膚症状が起きるかは個人差が大きいですが、重度の場合は、屋内で窓から差し込む日光を浴びるだけで反応してしまうケースもあります。